日本人なら知っておくべき不眠のこと
ホーム > > 10代にはチョコレートやスナック菓子の食べ方が

10代にはチョコレートやスナック菓子の食べ方が

10代には、チョコレートやスナック菓子の食べ方が多いと次の日にはニキビが見らえました。食べ物がここまで影響するんだ、と体感したものです。以後、年齢を経て食べ物にも注意するようになり、チョコレートやスナック菓子などは食べるのをやめています。その結果かニキビも完全になくなりました。にきびで悩んでいるからといって洗顔をあまりにし過ぎると、必要となる油脂も落としてしまい、ニキビがひどくなる場合もあります。多くても洗顔は一日に二度ほどにしておきましょう。大切なことは洗顔料をしっかりと泡立てて、肌に直に手を触れずに、泡を使って顔を洗うということ、そして洗顔後にはすぐ保湿をすることです。ニキビと食事内容は密接に関連しています。食生活に気をつければニキビに良い影響を与えることにもなります。食事は野菜を中心にしたメニューにして、ビタミンやミネラルをじゅうぶん取るように心がけましょう食物繊維が豊富な野菜中心の食生活は、便秘を解消する点からも、ニキビの減少につながります。ひどいニキビができた場合は、石鹸を用いてピーリングを行うようにしています。初めてピーリングを行った時は、肌がわずかにヒリヒリとしました。そのため、なんだか怖くなってすぐに止めることにしたのですが、肌が正常になったら、ヒリッとした感覚が消えて、キレイにニキビが改善できました。それ以降、ニキビができてしまうとピーリングで治しています。おかあさんがとてもニキビ肌で、自分も中学からニキビに悩まされ、大人になった今でさえも、よくニキビができるので、顔のお手入れは注意してやっています。そして、みっつになる娘もすでに鼻周辺の毛穴に角質がつまり始めています。あわれなことに必ずニキビができやすい肌になりそうです。遺伝とは恐ろしいものだと思いました。なぜニキビができるのか?その理由のひとつに、乾燥も含まれます。肌の余分な油脂のせいでできるんじゃなかったの?と疑問に感じている人も少なくないかもしれません。もちろん、余分な油脂によっておこる毛穴の詰まりも原因のひとつなのは間違いありませんが、だからといって油脂を落としすぎると、今度は肌の乾燥がひどくなり、それがニキビができる原因となってしまうのです。アクネ菌がニキビの原因なので、フェイスタオルやメイク用スポンジなどの肌に触れる物を共有で使用したり、肌が直に触ってほったらかにして洗わずにいると、自分もニキビになってしまう恐れがあります。また、自分のニキビを触った後で、他の場所を触ると、その場所にもニキビができることがあるでしょう。私のニキビに対する対応策は、いくら眠くてもメイクは確実に洗い落として寝ることです。化粧を施すことにより、お肌への影響が大きいと思うので、お肌に休む時間をあげたいのです。メイク落としにも配慮しています。オイルがベースのタイプや拭き取るタイプなど色々なタイプの使用を試みてきましたが、ミルクタイプのメイク落としがお肌に優しいと思いました。吹き出物が出来ると気分が落ち込みます。でも、実は肌の調子ってお腹の調子と深く関係があるらしいので、腸内環境を良くしたら、意外ときれいになくなってくれます。まずは、腸内さっぱり快便生活から始めるためにバナナなどの食物繊維が豊富なものを食べて、いらないものを体外へ出していったら、吹き出物も消えてなくなります。ニキビという言葉は、10代までの若い子たちが使う言葉で、20歳を過ぎた人はニキビとは言わないななんてよく耳にします。ちょっと前に、数年ぶりに鼻の頭に大きなニキビを見つけたので、主人に、「ニキビができちゃった」というと、笑いながら、「ニキビじゃなくて吹き出物でしょ」と、バカにされてしまいました。キレイモ 千葉